漂泊の果て画像

漂泊の果て

商品コードB190
出版社聖母の騎士社
ページ等P314 C0195
ISBN978-4882162384
著者等水浦久之
発行日2003-01-25
価格¥648(税込)
数量  
商品説明
長崎は、日本で最もキリストの色彩を色濃く残している土地だ。 この地ならではの題材を料理した小説とエッセイ集。芥川賞作家も書けない信仰物語。 信仰の自由と安住の地を求め、生死をさまよい、 漂泊の果てにたどりついてみれば、このありさま、 われらキリシタンはどんな悪いことをしたというのか。 松太郎の怒りはこの小役人たちだけでばく、 フランス寺のパーデル様たちにまで及んだ。 やっとの思いで大浦までたどり着いたときのプチジャン神父の冷たい目と、 夜中と言うのに玄関先で用を済ませると、 さっさと奥の部屋に消え去ったあの後ろ姿が思い出された。 (本文より)
Copyright ©聖母の騎士社オンライン All Rights Reserved.