春夢去来画像

春夢去来

商品コードB037
出版社聖母の騎士社
ページ等P202 C0195
ISBN978-4882160663
著者等川添猛
発行日1989-08-09
価格¥540(税込)
数量  
商品説明
俳句を折り込んで、独特のユーモアがますます冴える 川添神父のエッセイ集。第二弾。 メガネをふきふき浜を上がると、 ぢんぢ(お爺さん)が何かを持って道端で待っている。 人を待つことに慣れている彼は、 ずいぶん前から待っていたのかもしれない。 「荷物にはなりまっせんけん、これを持ってお帰りまっせ」 新聞紙に包んだおみやげはアオサで、 リュックサックにしまい込むにはおしいような香りがしていた。 鶯が前をはぶいてケキョケキョと鳴く。 「ぢんぢさん、また来ます」 老人は深々と頭を下げただけで、何も答えなかった。
Copyright ©聖母の騎士社オンライン All Rights Reserved.