金沢・大聖寺・富山に流された浦上キリシタン画像

金沢・大聖寺・富山に流された浦上キリシタン

商品コードB157
出版社聖母の騎士社
ページ等P255 C0195
ISBN978-4882162001
著者等三俣俊二
発行日2000-01-01
価格¥648(税込)
数量  
商品説明
明治の始め、北陸に流配になったキリシタンたちが 信仰の自由を勝ち取るまでの苦難の物語。 金沢藩には流配当初、526名という諸藩中最も多数のキリシタンが預けられた。 金沢に向かったのは、まずそのほとんどが戸主で編成された124名の男子グループで、 明治2年12月4日(1870年1月5日)、彼らは立山役所に呼び出され、 大雪の中で終日外庭に立たされた。 午後の9時すぎになってようやく調べが終わり、大波止に向かった。 大波止へ下る道の両側は、流配されるキリシタンを一目見ようと黒山の人だかりであった。 (本文より)
Copyright ©聖母の騎士社オンライン All Rights Reserved.