345 件 (31 ~ 40 件目)


商品コード:B280
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P211 C0116
著者等:田端美恵子
発行日:2015-3-25
価格: ¥540(税込)
名もない雑草に過ぎない者ではあるが、拙いペンを聖母マリアに委ね、 信・望・愛の杖に縋って八十路の第一歩を踏み出したのだ。 春のような温かい心と微笑みをわが魂の武器として、 新天地への希望に向かって歩んでゆこう。 私は一人ではなく、神とともに生きているのだから。
商品コード:B279
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P234 C0116
著者等:ハビエル・ガラルダ Javier Garralda
発行日:2015-4-5
価格: ¥540(税込)
ガラルダ神父の教話集 カップはあなたの心、そして心の中にある、既にある、いいものがお砂糖だと想像してください。 (中略)あなたがそのティースプーンをつかんで、自分の心をかきまわしながら、 そもそもあったものが、生き方にまで溢れ出てくるようにするのが講座の目的です。(本文より)
商品コード:B278
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P254 C0116
著者等:ハビエル・ガラルダ Javier Garralda
発行日:2014-9-25
価格: ¥540(税込)
ガラルダ神父の教話集 カップはあなたの心、そして心の中にある、既にある、いいものがお砂糖だと想像してください。 (中略)あなたがそのティースプーンをつかんで、自分の心をかきまわしながら、 そもそもあったものが、生き方にまで溢れ出てくるようにするのが講座の目的です。(本文より)
商品コード:B277
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P399 C0116
著者等:ジョン・A・シュグ=著/甲斐睦興=訳/木鎌安雄=監訳
発行日:2013-12-25
価格: ¥864(税込)
ピオ神父は神をより良く体験するにつれ、 自分のちっぽけさを嫌というほど味わった。 公衆に接するのを許される1933年までの約10年間、 すべてを神の御旨であると確信し、不平を言う気持ちがなかった。 平信徒と同様に告白の良心の糾明を必要とし、 修道志願者の誓願の再吟味をしなければ自分の気が済まなかった。 なんという謙遜! (「訳者あとがき」より)
商品コード:B275
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P209 C0195
著者等:水浦征男
発行日:2013-7-25
価格: ¥540(税込)
教皇ヨハネ・パウロ一世は、あっという間に姿を消されたため、 その印象は一般にあまり残っていない。 わずかな思い出を、本書の記事で辿っていただければ幸いである。 教皇ヨハネ・パウロ二世については、あまりにも多くの情報があり、 ここに紹介した記事では物足りないだろう。 教皇のアメリカ訪問から、人気ぶりを少しでも汲み取ってほしい。 (「あとがき」より)
商品コード:B274
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P275 C0195
著者等:水浦久之
発行日:2013-6-25
価格: ¥648(税込)
わたしたちが悲哀と絶望の世界ではなく、 恩寵と希望の微光のなかに生きていることを、彼は伝えようとしているのではないか。 永井隆の言葉を借りれば、「わたしはなすべきことをなしたまで」ということだろうが、 それは、はからずも五島キリシタン水浦久之が恩寵のうちに祈る姿にほかならない。
商品コード:B273
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P205 C0116
著者等:ボグスワフ・ノヴァク Boguslaw Nowak
発行日:2013-5-25
価格: ¥540(税込)
人間の癒しの源であるキリストの受難と復活 イエスは真の愛に生きただけでなく、この愛への道を示したうえに、 この愛に生きるために必要な力を与えることのできる方なのです。 この愛の道を知るために、また、このイエスが与えてくださる力を受け入れるために必要なのは、 正に十字架に付けられているキリストを見つめることなのです。(「導入」より)
商品コード:B271
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P255 C0195
著者等:﨑濵宏美
発行日:2012-11-1
価格: ¥540(税込)
陽ざしをさえぎる木立の下でも、岩だらけのやせた土にも、 石蕗は、しっかりと根付き、じっと耐えて生きている。 まるで、五島のキリシタンたちが長く辿ってきた殉難の姿を、 そこに映し出しているように。 何の変哲もないただの草であるが、私は石蕗に心ひかれる。
商品コード:B270
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P335 C0116
著者等:レジーヌ・ペルヌー=著/門脇輝夫=訳
発行日:2012-10-25
価格: ¥864(税込)
本書の目的は、ヒルデガルトの伝記ではなく、 ただ思想と活動の両端に光を当てることにある。 その手紙の研究を通して、特にトリーア、ケルン、バンベルク、マインツなど、 幾つかの重要な司教座聖堂で行った説教に注目する。(中略) その著作と人格の若干の本質的な特徴を想起し、 読者が著者と同じくヒルデガルトに惹かれて、 当人にいっそうの親しみを持つことのできるような研究に取り組むものである。 (『はしがき』より)
商品コード:B269
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P205 C0116
著者等:高橋テレサ=編・著/鈴木宣明=監修
発行日:2012-09-08
価格: ¥540(税込)
東日本大震災後、日本ではさかんにこの絆という言葉が強調されるようになった。 人びとは絆を求めて、また絆をよりどころに生きようと歩み始めている。 「離れがたい結びつき」は夫婦・血縁に限ったことではない。 縁あって交わることのできたひとりひとりとの絆がたいせつなのである。 それを私は家族と呼びたい。 (「出版に寄せて」より)


ショッピングカート
Copyright ©聖母の騎士社オンライン All Rights Reserved.