326 件 (81 ~ 90 件目)
商品コード:B205
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P325 C0195
著者等:石橋理
発行日:2004-10-01
価格: ¥648(税込)
出雲崎とアシジ紀行から、読書と旅と思い出、 日本人論、社会問題まで平成の世に書いた、つれづれ草。 その意味で憲法(第九条)は、まさにキリスト教的である。 憲法制定のいきさつがどうだったにせよ、日本は国際社会の前に、 この<第九条>をもっと堂々と掲げて行っていい。 「普通の国」にすべきだという主張があるが、とんでもない。 それは軍備を増強して、戦争をくり返せと言っているのと同じだ。 私が極論を掲げて、時代や社会を批判するからといって、 理想論者だとか、ペシミスト(悲観論者)だとか言う人がいる。 もっと現実的になれというわけだ。 なんのことはない、下らぬ、ちっぽけな現実に
商品コード:B204
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P154 C0195
著者等:フェルナンド・アカソ
発行日:2004-07-01
価格: ¥540(税込)
1959年から2004年にかけて、東京、京都、長崎で活動した スペイン人司祭が思いだすこぼれ話とエッセイ集。 私は、昭和34年から50年までの16年間を関西で過ごし、 その後の28年間を長崎で暮してきました。 この44年間を、日本に着いた日から今にいたるまで、 おおよその順を追って書いてみることにしました。 私の下手な日本語の文章を読む人にとって、 果たしてどれほどこの本が役に立つのかどうか分かりませんが、 一人の「ガイコクジンシンプ」から見た日本の移り変わりを 楽しんでいただければと思います。 (『まえがき』より)
商品コード:B203
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P226 C0195
著者等:草野純英
発行日:2004-07-01
価格: ¥540(税込)
聖書を読んで浮かんだ素直な感性を、簡潔に綴った名言集。 200句の一つ一つに解説をつけ、短い祈りでしめくくる。 「“みことば”を拝読しているうちに浮かんだ率直な感性をそのまま簡潔に書き上げて、 みなさまと分かち合いたいと思ってあえて出版にこぎ着けました。 それぞれ、一行の祈りで結びました。 旧約聖書、新約聖書両方から、目に留まった二百か所を選びました。 一年一日一句には足りませんが、日々の座右銘にすることができますでしょうし、 折に触れて、ミニ黙想にご使用頂けるのではないかと、期待しています。」 (「はしがき」より)
商品コード:B201
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P196 C0195
著者等:井上洋治
発行日:2004-03-28
価格: ¥540(税込)
「祈ることしかぼくにはできないみたいです。」 喜寿を迎えた司祭が心の赴くままに記した祈り詩集。第3集。 「…わずらわしい人間関係の束縛や、老後、生活の不安などちょっと忘れて、 ふわっと、生きとし生けるものと手をつないで、 愚かな心に立ち返って“南無アッバ”ととなえてみたら、 そっとイエスさまが近よって来てくださり、おみ風さまが 重い鎧に喘いで流した汗や涙を気持ちよくふいてくださって、 アッバのもとにもたらしてくださるのではないでしょうか。」 (「あとがき」より)
商品コード:B200
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P295 C0195
著者等:聖母の騎士編集部:編
発行日:2004-04-01
価格: ¥540(税込)
月刊「聖母の騎士」巻頭エッセイ集(1) 枢機卿、作家、彫刻家、将棋棋士、オペラ歌手、女優、 映画監督、写真家、ノーベル賞受賞科学者、作曲家、新聞記者、 司教、神父、修道女、大学教授、画家、僧侶、劇作家、評論家、 アナウンサーなど各界の144人の珠玉のエッセイを収録。 遠藤の苦衷は察するに余りあるものがあった。 要するに遠藤は、文学賞のことよりも、私が先頃カトリックに入信したこと、 そして代父には遠藤がなったことを言いたかったに違いない。 しかし、このことは暫く黙っているように私に約束した。 それで遠藤は「縁、えにし」といいながら口ごもって、 最後まで何も言わずにいてくれ
商品コード:B199
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P199 C0195
著者等:エンリケ・モナステリオ=著/フェルナンド・アカソ=訳
発行日:2004-03-01
価格: ¥540(税込)
ファンタジート神学が織りなすクリスマス物語。 天地創造の中心は馬小屋で生まれるキリストにあった。 「聖堂内に馬小屋の模型を飾る現在の習慣の直接の起源は、 1233年にアッシシのフランチェスカがローマの近郊のグレッチオで、 牛とロバを配し、馬小屋の情景を再現してミサを捧げさせたことにある。 14世紀にはヨーロッパ中の聖堂に馬小屋が飾られるようになり、 さらに17世紀には各家庭にも飾られるようになった」 (新カトリック大辞典)
商品コード:B198
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P527 C0195
著者等:稲垣武一
発行日:2003-12-01
価格: ¥1,188(税込)
「本を読み進んでいくうちに、 言葉を超えた驚くほど澄んだ魂の響きに深い感動を覚えました。 まばゆいほどの霊の光に打たれてしまいました。 この書物に収めた兄の日記、随想、詩歌は 兄の死(1953年12月3日)の翌年に刊行された 『稲垣武一遺稿』をそのまま再録したものであります。 その〈編集後記〉には、 この遺稿からは何かまとまった思想体系のようなものを期待すべきではなく、 むしろわれわれはそこに「道を求めてやまなかった名もなき一青年の魂の姿」を見出し、 それを「永久に胸の奥深く留めるべきでありましょう」と記されています。 (稲垣良典「あとがき」より)
商品コード:B197
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P379 C0116
著者等:小平卓保
発行日:2003-11-01
価格: ¥864(税込)
永遠のベストセラー「聖書」には汲めども尽きない教えがある。 しかし案内書物がなければ、よくわからないのも聖書だ。 「本書は、著者の緻密な聖書学の知識と該博な教養とがドッキングした見事な傑作です。 読者は一人の例外もなく、聖書がこんなに面白く、 また楽しいものであったのかと認識を新たにされることでしょう。 聖書といういわば”神の言葉”の森に足を踏み入れ、 ”永遠の命”に通じる道をたどりたいと願う人々にとって、著者は類まれな案内人です。 この案内人に導かれて「聖書散歩」に参加する人は、 方向を見誤ったり、道を見失ったりせず、安心して楽しく目的目指して進むことができます」 (
商品コード:B196
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P190 C0195
著者等:草野純英
発行日:2003-06-20
価格: ¥540(税込)
カトリックの教えを、問答形式で簡潔に分かりやすく説明する。 信仰を見直したい人、キリスト教を知りたい人におすすめしたい。 人間としての生き方は、要理書として、数多く発行されてきました。 カトリック教会では、広く人々に説明しやすいように、 十六世紀ごろは、問答体でも発刊されました。 宗教科教師(中学、高校)、小教区司祭として、いろいろな形で、 信仰教育に携わって来た経験から、本著のようなスタイルが、 いちばん効果的ではないかと結論し、あえて発行することに決意しました。 (「はしがき」より)
商品コード:B195
出版社:聖母の騎士社
ページ等:P271 C0195
著者等:土居健郎・森田明=編
発行日:2003-04-20
価格: ¥540(税込)
カトリック司祭として、大学教授・学長として、劇作家として、 日本の宣教にささげ尽くした53年の軌跡をたどる。 ヘルマン・ホイヴェルス神父が1977年6月に世を去られてから、 今年で26年目になる。 本書は、神父の帰天25周年を記念する出版物として、 2002年6月の追悼ミサを機縁に計画されたものである。 しかしながら私達を出版計画へと向かわせた実質的な理由は何よりも、 毎年6月のミサの中で経験されるホイヴェルス神父の像が、 25年を経ても少しも古びないという事実であった。(『はしがき』より)
ショッピングカート
Copyright ©聖母の騎士社オンライン All Rights Reserved.